topimage

2017-05

今週は、あまり寒くないです~ - 2016.12.14 Wed


2016.12.14_1

遠くで手を振るおじさんが。
中身は、空気ね(^_-)

お家の人が外に居たので、すごいねって言ったら、
うれしそうでした。

風が吹くと、手が揺れるので、
手を振っているように見えます。

2016.12.14_2

カーネル・サンダースぐらい大きいわ。

そう言えば、こちらで、2、3回食べたけど、
日本のケンタッキーの方が、ジューシーで美味しく感じるんですよねえ。
調理法って、共通じゃないのかしら。
原料の鶏肉が違うからかしら。


スポンサーサイト

足元注意! - 2016.12.13 Tue

晴れても、道路がなかなか乾かない季節です。

2016.12.13_1
グラウンドも、グチョグチョですが。

先日の雨で、大量の落ち葉が道路にへばりついています。
これが、一番、こわいっ。

2016.12.13_2

大変、危ないっ。

2016.12.13_3

へばりついたぬれ落ち葉の上を歩くのは、
滑りやすいでしょう。

落ち葉がなくても、滑りやすいのに。
我が家の玄関のアプローチも、滑るの。
友人の友だちは、つい先日、ぬれ落ち葉の道で滑って、
持っていたワインが割れて、手の平を切ったそうだし、
知り合いのお宅も、石のアプローチが滑りやすいと手摺を付けたし。
あーこわい、こわい。

今、冬時間のピークなので、冬至までね、
4時を過ぎると、あっという間に暗くなって、足元が見えない。
田舎道の街灯は、やさしーい灯りで、大変心細いです。


お葬式でした - 2016.12.09 Fri

以前住んでいた村の長老、
キースおじいさんが亡くなりました。

引っ越してからは、ほとんど会う機会はありませんでしたが、
たまに会うと、「タイガーは、元気か。」て聞いてくれました。
タイガーは、とら吉のことです。
キースは、優しくて、元気で、力強くて。
笑うと、くしゃくしゃになる笑顔が印象的でした。
村の集まりで、トランプ「Whist Drive」をするんですが、
私がそこに参加できるようにと、ルールを教えてくれました。
挨拶のキスは、右左2回!と笑いながら言っていたキース。
トラクターを力強く運転し、車が大好きだったキース。
ここ数年は、病気療養しながらも、元気に過ごしていたけれど、
旅立ってしまいました。



さて、現実問題。
訃報を聞いたけれど、どうすればいいんだろう。
供花とか?お香典は?お通夜、お葬式は?
日本でも、いざ冠婚葬祭となると、服装やエチケットなど、
わからないことが多いですが、
イギリスのお葬式は、もっとわからない。
ドラマや映画で、参列者が喪服を着ているのは見たことがあるから、
黒が正式なのは、同じなんだろうけど。
それほど近くない人間が行くと、逆に迷惑かなとか、
ネットで調べたり、あれこれ考えたりしましたが、
結局、知り合いに細かく聞きました。

まずは、お悔やみ用の「Sympathy card」を送りました。
文面は、『海外暮らしの英文』本などを参考にしました。

お葬式は、服装は黒という決まりはなく、
明るくない色、パーティ用以外ならどんなものでもいいとのこと。
実際は、黒い服の人が多かったけれど、
いわゆる、日本で言う礼服の人は見かけませんでした。
男性のスーツ、ネクタイも黒が主だけど、色々。女性も色々。
親族も、若い人などはジャンパー姿や、10㎝以上のピンヒールの人や。

お葬式は、1時間でした。
小さい教会が参列者でいっぱいになりました。
祭壇に、キースの写真が飾られていました。
お花を持ってきた人もいました。
讃美歌のあと、キースの家族、
お友だちが生前のキースの思い出を話しました。
弔辞にあたるものですね。
そして、お孫さんが詩を朗読。
皆、話を聞きながら、泣いたり笑ったり。
キースを思い出すと寂しくなりましたが、
でも、とても素敵な、そう感じた、お葬式でした。

その後は、場所をパブに移し、立食形式でお食事。
日本で言うと、精進落としのようなものかな。
ワインなどの飲み物を片手に、故人を懐かしみ、
家族にねぎらいの言葉をかけて。
久しぶりに会う知人とは挨拶を交わしたり、近況を話したり。
愛された長老、キースおじいさんでした。

タイガーは、お昼寝中です。
2016.12.9
キース、ありがとう。

こちらで暮らして初めてのお葬式。
とても悲しいけれど、貴重な経験でした。

芸術の晩秋、初冬? - 2016.11.29 Tue

快晴。冷えましたわ~。
厚着をして、マフラーを巻いて、
とら吉にダウンコートを着させて、
ブーツを履いて、さあ出かけようか。
あれ、携帯は?携帯、携帯・・・もー (p_-)
ブーツを脱いで、家の電話で携帯にかけたら、
体から聞こえてくる着信音。
ダウンの下の服のポケット?・・・えー (一一")

2016.11.29_5

午後3時の散歩。
気温5℃、体感気温は3℃ですって~~~。
さぶいよ。日陰の霜も溶けないよ。

明日は、もっと寒くなるそうです。ひえ~。

先日のロンドン観光。 
V&Aヴィクトリア&アルバート ミュージアム。

2016V&A_2
あ、中庭で愛をささやくカップルが写っている(#^.^#)

何度か行ったことがあるんですが、
足を踏み入れたことがない部屋が、たくさんあります。
廊下だけでも、全部足すと10kmになるとか。

V&Aに限らず、大英博物館、ナショナルギャラリー、テートブリテンなどなど、
美術館、博物館は、広い。広すぎるんですもの。
体力的にも、滞在2~3時間が限界です。
それに、興味が向いたところばかりに行ってしまって、同じところを訪ねてばかり。
無料だと思うと、またいつでも来られると思ってしまうし。

閑話休題。
V&A、今回は、ジュエリールームと、ルネッサンスルームなどを見て、
「ironworkの廊下」に行ってみました。
鉄の鍛造芸術と言うんでしょうか。

2016V&A_4

長い長い廊下ですが、歩いていて楽しい。素敵な廊下です。
ヨーロッパの装飾的な門扉や庇、看板をかけるやつ(?)などなど。

2016V&A_3

とても気に入りました。
どうして今まで来なかったんだろう。


お昼は、V&Aの中のカフェで。
セルフサービスで、いくつかある部屋のうちのひとつ。
ウィリアム・モリスと、
エドワード・バーン・ジョーンズらがデザインした、
グリーンルームと呼ばれる空間です。

2016V&A_1

ちょっと暗いんですが。
素敵な空間です。
シャンペンでも飲めばよかったかしら。

いえいえ、この後、1年の〆 (早いー)、
バレエ「Nutcracker くるみ割り人形」を観たので、
お酒はナシ。わたし、弱いので。




クリスマス デコレーション🎄 - 2016.11.26 Sat

先日、ナショナル・トラストのひとつ、
「Waddesdon Manor House ワデスドン・マナー ハウス」
→ Waddesdon Manor
大富豪ロスチャイルド家の分家によって建てられたマナーハウスです。
今は、ナショナルトラストの管理で、一般公開されています。
この時期は、マナーハウス全体がクリスマスディスプレイされているそうで、
大勢の人が訪れています。私も一度は見てみたい、ということで。

驚くほど広大な敷地の中の、広い広い駐車場。
そこは、ほぼ満車でした。
駐車場からは、シャトルバスでマナーハウスの入口まで。

入口で、バスを降り、
さらに遠くにあるマナーハウス。

2016.11.26_1

お城みたい。

庭の一角には、マーケットが出ていました。

2016.11.26_4

日が暮れると、

2016.11.26_5

庭の木々、マナーハウスは、ライトアップされ、

2016.11.26_8
ブルーは、ちょっとこわい。

庭には音楽がかかり、
さながら、テーマパークに来たような・・・印象を受けました。

2016.11.26_9

お屋敷の調度品がすばらしいということでしたが、
今は、クリスマス🎄ディスプレーで、
どの部屋にも、まばゆいほど豪華なツリーが飾られており、
ほとんど見られませんでした。
どの部屋も、クリスマスディスプレーされていて、
ツリーに気を取られ、気づかなかったのかも。

2016.11.26_10

もっとツリーはありましたが、
桁違いの大物の大邸宅に、圧倒され、
気がつけば、口が開いたまま、ボーっと歩いていたような。

2016.11.26_6

2016.11.26_11

一般入場料(21ポンド)で入ると、5ポンドのクーポン券がもらえます。
ショップか、ハウス内のレストランで使用可能です。

2016.11.26_2

毎年、クリスマス・ディスプレーのテーマは、違うそうです。

私は、お腹いっぱいです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

みいしゃ

Author:みいしゃ
梅干し鼻のとら吉(コッカプー♂14才)と、夫婦の何気ない日常です。とら吉の犬生は、日本→英国(1才)→日本(4才)→英国(7才‐13才)と移り、そして、再び、日本暮らしです。
 
お気軽にコメントどうぞ♪

最新記事

カレンダー

最新コメント

カテゴリ

コッカプー とら吉 (891)
犬とお出かけ (44)
犬連れ旅行 (31)
とら吉 Birthday! (10)
とら吉 渡英と帰国準備 (6)
日々つれづれ (877)
イギリス暮らし (537)
イギリス あれこれ (5)
イギリス オープンガーデン (9)
2004-2008 ロンドン (479)
食 (117)
外 食 (51)
旅 行 (142)
未分類 (0)

にほんブログ村

月別アーカイブ

毎日、風景が変わります

毎日の花色と四季の景色変わります

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード