topimage

2017-10

春休み - 2017.03.27 Mon

先週のことですが、
帰省がてら、伊豆~浜名湖 を旅行してきました。

久しぶりに高速道路のSAを楽しみ、
宿の食に舌つづみ、温泉でゆったり。


途中休憩は、「キンメダイの煮つけ」が目的で、伊東へ。
食い意地がはっている飼い主です。
だから、飼い犬もそうなんでしょうか。

2017.3.24ウブド3


そして、伊豆での宿泊。
とら吉は、久しぶりの長旅でした。

2017.3.24ウブド6

最近は、犬と泊まれる宿がものすごく増えましたねえ。

伊豆の宿は、施設もきれいで、人間の食事も言うことなし!の満足の宿でした。

2017.3.24ウブド5

犬にとっても、
ドッグランは、ウッドチップが敷き詰められているので、足にやさしく、
いたるところに、うんちょす袋も飲み水もあり、便利。
飲み水は、いつでも新鮮な水が飲めるような、
アイディア受け皿になっていました。すごい!
散策道には、おしっこポールなる物があり、
おしっこ後にスイッチを押すと、水が自動で流れるようになっているんです。
すんごいなー!(^。^)

とら吉は、ケージを貸してもらって、
夕食時は、部屋でお休み待機。

2017.3.24ウブド7
目にも鮮やかで美しく、胃にもおいしくて、大満足。

他のお客様は、皆、犬連れで食事していました。
リードをつなぐところもあるし、犬用のソファまで。
さすが、犬歓迎の宿。

朝食は、とら吉もいっしょに。
犬用ソファに座ったものの、
すぐに、足元へ。

2017.3.24ウブド2

とっくに食べましたよ。

2017.3.24ウブド4

結局、机下の方が、落ち着くようです。

温泉風呂の大きさも十分で、のびのびとつかることができました。
満室の割には、いつ行っても占拠率が低く、
のんびり~リラックスできました。

部屋はきれいだし、整理整頓が行き届いていて、
人間用はもちろん、犬用のアメニティも申し分ないほど。
とても気持ちのいい宿でした。

ただ、「わんちゃん、わんちゃん」と、
いろいろ気を遣ってもらえるのはありがたいのですが、
少し犬に気を遣いすぎじゃないかしら・・・。
なんかね、ちょいとこそばゆかったです。

私たちには、少々、贅沢なお泊りでしたね。
(有料で、犬用のご飯を頼むと、
なんとそこには、犬ブッフェが!驚きました。)
(なるほど、お高めのお宿代ではあります。)



もう一軒は、浜名湖そばのペンション。

2017.3.26ペロ1

こちらは、対費用効果が抜群。大満足。
夕食もおいしくて、私は満腹になり、フグのようになって、
マグロのように横たわり、寝てしまいました。
朝食の赤味噌のお味噌汁が、これまた、おいしかったあ。
ぬいぐるみの熊のようになり、車の助手席で爆睡しちゃいました。

早朝は、朝日を見ながらドッグランを楽しみ、湖を散歩。
快適に過ごせました。

2017.3.26ペロ2

2017.3.26ペロ3

2017.3.26ペロ4


宿のオーナーさんが撮ってくれた一枚。

2017.3.26ペロ5

こんな写真は、ほとんど撮れないので、貴重かも。


スポンサーサイト

週末小旅行 コーンウォール地方 - 2016.02.14 Sun

イギリス名物の朝食 イングリッシュブレックファーストを食べました。
2016.2.14_2
この豆と、ソーセージがパリッシャキッ!としていないのが、
特徴ですねえ( 一一)
B&Bの主人は、一瞬とっつきにくい風貌でしたが、
実際は、親切に応対してくれて、おもしろい人で。
部屋も、お湯の出はよくなかったけど、まあ問題なく過ごせました。
奥様は、早朝から、タンクトップとパンイチで、
キッチンの床に座っていらして(;・∀・)
愛嬌のあるかわいい奥さんで、失礼ながら、美女と野獣?
でも、美女はパンイチ?!と、ちょいと驚きましたよ。
ヤングゲストにとっての初B&Bは、ちょっと強烈な印象だったかもしれません。

さて、断崖絶壁に作られたミナックシアターへ。

2016.2.13_2

2016.2.13_11

冬は、劇場メンテナンス中だそうです。
座席の芝も、育成中ですね。

2016.2.13_3

2016.2.13_4

2016.2.13_5


そして、イギリスのモンサンミシェルと言われている
セント・マイケルズ・マウントSt.Michael's Mountを見に。

2016.2.13_13

2016.2.13_14
この寒いのに、大型犬は、海辺を走り回り、
海に飛び込み。元気ですわ。

2016.2.13_15

干潮時は、島まで歩いて行けるみたいです。

海辺のフィッシュ&チップスは、
衣が薄く、中身が大きく、しっかりしていました。

2016.2.13_1

おいしかったです。



週末小旅行 コーンウォール地方 - 2016.02.13 Sat

イギリス南西端ランズエンドに来ました。
小雨交じりの曇り、寒かったねえ。

2016.2.13_7

観光シーズンではないので、人はまばらです。

2016.2.13_8

崖っぷちですからね、気をつけてね。


そして、海辺の町セント・アイヴィスSt.Ivisで、
名物のコーニッシュパイをほおばります。
海を見ながら。

2016.2.13_16

雨で、ベンチが濡れていたので、仕方なく、立ったまま。
牛肉、ジャガイモ、たまねぎがいっぱいつまったコーニッシュパイ。
お腹いっぱいのランチでした。
ほおばりながら歩いている人が、いっぱいいます。

夕飯は、ロブスター!

2016.2.13_9

2016.2.13_10

おいしかったあ。

今日は、B&Bに泊まります。





とら吉 ドイツ6 ファンタスティック街道をゆく - 2015.08.08 Sat

『地球の歩き方』に紹介されている村、
この村は、建物の外壁にフレスコ画が描かれた家が多いそうです。
ということで、Oberammergauオーバーアマガウにやってきました。
そして、最も有名なお家は、
ヘンデルとグレーテルの壁画のお家。
2015.8.8_3

2015.8.8_4

赤ずきんちゃんのお家。
2015.8.8_5

2015.8.8_6

きゃぁ、オオカミ、こわい~。

2015.8.8_7

2015.8.8_4


こちらは、新しいお家かな。

2015.8.8_2

どのお宅も、一般のお宅だそうですが、
私のような観光客が絶えなくて、、、迷惑かもね。

とても信仰が篤い村だそうで、
村内の建物は宗教画が描かれた建物が多かったです。

村のレストランで食べたビーフシチュー(写真↓右下)
とーってもおいしかったです。
2015.8.8_1
右奥に見えるタンク、地ビールもあったんだけど、
昼間だし、お酒に強くないし、飲めずに残念。


そして、Scholoss Linderhof リンダーホーフ城へ。

2015.8.8_9

小さいお城ですが、室内の調度品には、目を見張る豪華さが。
特に、マイセンのシャンデリアや花瓶、鏡を飾るフレームなど、
美しかったです。
花瓶をコレクションして、壁を飾るように上から下まで配置している部屋も
おもしろかった・・・そして、やっぱり、美しかったけど、
ずーっと居ると、私だと、落ち着かないかなあ。


2015.8.8_8

夫ととら吉は、庭でお留守番ね。

とら吉 ドイツ5 ロマンティック街道をゆく - 2015.08.07 Fri

Fussenフュッセンという町を過ぎ、
ロープウェーで、Tegelbergテーゲルベルク山に上りました。
すぐ横から、パラグライダーで飛び立つ人がいっぱい。
気持ちよさそうでした。
2015.8.7_1
景色が最高。

ロープウェーから見えるのは、
これから向かうノイシュバンシュタイン城です。

2015.8.7_2

その前に、滑り台。
モーターで上がって、滑り下ります。楽しかったあ~♪
2015.8.7_10
ヒャーヒャー言いながら、ブレーキをかけてしまい、スピードが出ず、
後ろの人がいらついているところ。すびばせんねえ。


今日の宿は、お城から、
徒歩5分ぐらいの場所にあるレストラン兼ホテル。

2015.8.7_12
このホテルに泊ると、お城入場の割引券がもらえるということで、
ここにしたんですが…。
麓から、このホテルに上がって来るまでが、大変でした。

お城の入場券は、チケットセンターで買います。
チケットセンターは、もっと下の、麓にあります。
(馬車あり、別ルートでシャトルバスあり)

城 ⇔ 麓(チケットセンター)は、割と広い一本道ですが、
朝早くから夕方遅くまで、とにかく、ものすごい数の観光客が歩いています。
これから、城見学する人、見学が終わって下っている人。
歩行者専用道路のような山道なので、人は広がって歩いています。
そこを、車で上って行く私たち。
馬車も通りますが、馬車は大目に見られても、
車が通ると、なんでここ車が通るの?と迷惑そう。
そこを、車でノロノロ上り、やっとホテルに着いてチェックイン。
城入場の割引券をもらいましたが、
チケットは、麓のチケットセンターでしか買えないとのこと。
(ーー;) え・・・。
ホテルの人に、車で行けばすぐだよと言われましたが、
それは知っておる。
歩行者道路のような道を、再び、神経を使いながら、車で往復する気には、なれない。
かと言って、30℃以上の中、歩いて往復1時間はつらい。
人が少なくなった頃には、チケットセンターも店じまいでしょう。

ということで、見学をあきらめた・・・夫。


散歩しながら外観だけ見て、入口まで行きました。
入場は、時間制になっているようです。

2015.8.7_11

2015.8.7_7

2015.8.7_6

2015.8.7_4


こっちに見えるのは、ホーエンシュヴァンガウ城ですね。

2015.8.7_3

お天気なのでありがたいですが、暑くて寝苦しくて。
ドアをあけっぱなしで、ひと晩過ごしたお客さんもいました。


さわやかに朝を迎えて。

2015.8.7_8


さあ、次へ、ごごごごご、GO!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

みいしゃ

Author:みいしゃ
梅干し鼻のとら吉(コッカプー♂14才)と、夫婦の何気ない日常です。とら吉の犬生は、日本→英国(1才)→日本(4才)→英国(7才‐13才)と移り、そして、再び、日本暮らしです。
 
お気軽にコメントどうぞ♪

最新記事

カレンダー

最新コメント

カテゴリ

コッカプー とら吉 (966)
犬とお出かけ (44)
犬連れ旅行 (31)
とら吉 Birthday! (10)
とら吉 渡英と帰国準備 (6)
日々つれづれ (878)
イギリス暮らし (537)
イギリス あれこれ (5)
イギリス オープンガーデン (9)
2004-2008 ロンドン (479)
食 (117)
外 食 (51)
旅 行 (145)
未分類 (1)

にほんブログ村

月別アーカイブ

毎日、風景が変わります

毎日の花色と四季の景色変わります

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード