topimage

2005-06

妹を迎えに - 2005.06.25 Sat

夕方、日本から来る妹を迎えにヒースロー空港に向かう。
ピカデリーラインの電車に乗り空港に向かう途中、とある国から帰ってきた友人から電話が入る。
友人「今、空港なんですが、自宅近辺までタクシーを使うといくらぐらいか知ってますか?」
私「高いから止めた方がいいよ、どうして?」
聞くと、地下鉄乗り場は人でごったがえしており、なぜかわからないが電車が運行しないとの事。駅員がバスを使うように指示しているらしい。
私「今、空港からの電車とすれ違ったよー。動いてないの?変だね・・・。」
いずれにしろ、タクシーは高いし、私達も妹を迎えに行くからついでに私達の車に乗っていけば、と答えて電話を切った。

そしたら、

私の乗っていた電車もヒースローの手前のHatton cross駅で止まってしまった。駅員が電車は動かないからバスで行くようにと言う。
何事かと地上に出ると、パトカーと救急車が。
あれよあれよという間に足止めをくらった人が駅からあふれてくる。
そして、またあれよあれよという間に消防車とパトカーが増え、おまわりさんがいっぱい。

そして、

Hatton cross駅はとうとう封鎖されてしまった。

駅の外で振り替え輸送のバスを待ちながら右往左往する乗客。
乗客を整理する駅員は、いない。
えっ、いない!?

そう、どのバスが代替バスなのかわからない。
っていうか、代替バスはなかったのではないか、と思う。
路線バスみたいなのに乗ったもの。
誰も案内する人もいない。

それがイギリスって感じぃ~~みたいなぁ~(^_^;)

日本ではありえないよなあ。
すぐに駅員が出て代替の手配があって、深々と謝って・・・そうしながらもお客さんの怒号までが聞こえてくるんじゃないかな。

しかし、ここでは特に大騒ぎする人もいなかったなあ。

代替バスかなと思う所へダァーと猪木よろしく走る。
乗れたらラッキー!
飛行機に乗る為に時間のない人はタクシーをつかまえる。

まぁ、確かに、騒ぐよりは空港への確実な移動手段を考えた方がいいのだろうけど。

私は、あふれた人も少なくなりかけ心細くなった頃、ようやく代替バスに乗れ空港に着いた。

結局、何が原因でストップしたのかわからないのですが
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

みいしゃ

Author:みいしゃ
梅干し鼻のとら吉(コッカプー♂14才)と、夫婦の何気ない日常です。とら吉の犬生は、日本→英国(1才)→日本(4才)→英国(7才‐13才)と移り、そして、再び、日本暮らしです。
 
お気軽にコメントどうぞ♪

最新記事

カレンダー

最新コメント

カテゴリ

コッカプー とら吉 (918)
犬とお出かけ (44)
犬連れ旅行 (31)
とら吉 Birthday! (10)
とら吉 渡英と帰国準備 (6)
日々つれづれ (878)
イギリス暮らし (537)
イギリス あれこれ (5)
イギリス オープンガーデン (9)
2004-2008 ロンドン (479)
食 (117)
外 食 (51)
旅 行 (143)
未分類 (0)

にほんブログ村

月別アーカイブ

毎日、風景が変わります

毎日の花色と四季の景色変わります

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード