見えない鎧

置き鍼とマッサージの効果で手首の痛みが取れた
今朝、右手の中指と薬指の関節が痛い。曲げるとすごく痛い。
今度はここに負担が来たのかな。

今日も鍼灸へ・・・
先生に話すと、手首の痛みを取るような暫定的な処置をしたので、そこに変わって別の部位に出たのかもしれないと
「普通はマッサージをしていると緩んでくる関節があるのだけど、ミシミシ言ってて、ひとつもゆるみませんねえ~」と感心されつつ施術される。
私もここ数年、マッサージ始め、整体、鍼灸、美容整形、いろいろ試して、毎回同じ感想に慣れているので、大笑い。
「笑う余裕があるという事は、やはりこれまでいろいろ試されているだけありますねえ。さすが・・・」褒められる。喜ぶところか・・・。

「これだけ固いというのは、まるで見えない鎧を着て歩いているようなものです。体には相当の負担がかかっているけど、動かないわけないはいかない。動かない体を無理やり動かしてまた負担になる・・・うーむ。。。」

うなられても・・・先生、お願いします。

その鎧は、正直者にしか見えない鎧ですか

私にも見えません。

       脱げないのかぁ・・・嫌じゃぁ~脱ぎてぇ~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント